マヌルネコはどこで見れる?上野動物園?実物を見たいというあなたへ

未分類

皆さんは、マヌルネコって知っていますか?

猫なの?と思う方もいる反面、初めて聞いた方が多いと思います。

そんなマヌルネコはどこで見れるのか、気になりますよね。

あの有名な上野動物園で見れるとの話題も、浮上しています。

今回は、マヌルネコがどこで見れるのか上野動物園の他にもご紹介していきます。

マヌルネコはどこにいるのか・どこで見れる?

 


マヌルネコはまずもって、どこにいてどこで見れるのでしょうか?

調べた結果…

【住んでいる場所】

  • チベット
  • シベリア
  • アフガニスタン

「マヌル」とは、モンゴル語で小さな山猫という意味だそう。

寒い地域にいる猫だということが、分かりましたね!

 

「マヌルネコ どこで見れる」というキーワードでネット検索すると1番に上野動物園がヒットします。

寒い地域なので、北海道の旭山動物園が私は頭に浮かびました!

マヌルネコが見れる動物園は、なんと6施設もあります。

  • 北海道旭川市→旭川市旭山動物園
  • 栃木県那須郡→那須どうぶつ王国
  • 埼玉県松山市→埼玉県こども動物自然公園
  • 東京都→東京都恩賜上野動物園
  • 愛知県名古屋市→東山動植物園
  • 兵庫県神戸市→神戸市立王子動物園

 

やはりいました旭山動物園に!!笑

関東地方周辺の動物園が多いようですね♪

モッフモフの毛がとても気持ちよさそうです♪

関東在住の方はなおさら、是非行ってみるべき!!

 

上野動物園?のどこ?

マネルネコは、上野動物園のどこで見れるのか調べてみました!

調べた結果、西園小獣館というところにいるようです。

ミーアキャットやネズミ、モモンガなど数多くの小さな獣動物を見ることが出来ます。

 

コウモリなどの中々間近で見ることのできない動物もいるので、見応えがありそう…♪

西園小獣館で見ることのできる動物は以下の通りです。

1F

  • チンチラ
  • ワタボウシタマリン
  • コモンマーモセット
  • コビトマングース
  • コビトハツカネズミ
  • ウスロイアレチネズミ
  • ハタネズミ
  • ウスイロアレチネズミ
  • ニホンハツカネズミ
  • カヤネズミ
  • ヒメネズミ
  • カイロトゲマウス
  • ハダカネズミ
  • シマクサマウス
  • ミケリス
  • パンダマウス
  • マヌルネコ
  • デグー
  • ミーアキャット
  • コミツオビアルマジロ
  • ケープハイラックス
  • パンパステンジクネズミ
  • ヤマコウモリ
  • アブラコウモリ
  • オリイオオコウモリ
  • ヒナコウモリ

 

地下

  • カナダヤマアラシ
  • スラウェシメガネザル
  • ムツオビアルマジロ
  • ヒメハリテンレック
  • チンチラ
  • キンカジュー
  • ヨザル
  • ヨツユビハリネズミ
  • アフリカヤマネ
  • ショウガラゴ
  • トビウサギ
  • カコミスル
  • フクロモモンガ
  • ニホンモモンガ
  • スローロリス
  • レッサースローロリス
  • フサオネズミカンガルー
  • トクホクノウサギ

 

こんなにたくさんの動物が、西園小獣館だけで見れるなんて凄いです!

上野動物園の西園小獣館で、マヌルネコ見てみてください♪

※写真撮影時は、フラッシュは使用しないように。

※ネコ科問わず動物はびっくりして失明の危険性もあります。


 

マヌルネコの特徴

マヌルネコを調べたところ、ただの猫!ではなさそうなのがわかります♪

イエネコ程の大きさですが、他の猫と比べて足が短く貫禄のあるような顔立ちをしています。

そして1番特徴的なのは、猫の中でも毛の長さが最長であること。

 

冒頭で寒い地域にいるとご紹介しましたが、同じアジアに住んでいる

ベンガルヤマネコよりも寒い地域に住んでいることから

毛が長いと、推定されています!

猫といえば…道に寝転がっているイメージがありますよね?

マヌルネコは低い土地には居なく、標高3,000~4,000mの高地にも多く生息しているとされます。

普通の猫と比べると、全然土地勘が違いますよね笑!

毛の色は部分ごとに様々で、分かりやすくまとめてみました。

 

頭部

  • 灰白色
  • 小さな黒斑がある
  • ほおには黒い縞のある長い毛が見られる

 

  • 先には黒い輪がある
  • 先は黒い

 

背中

  • 後方、腰の辺りには褐色の横縞が数本はしっている
  • キジネコなどの別名で呼ばれることもある。

 

毛の色だけでも、特徴のあるマヌルネコですね!

額が高く、耳は左右に離れているので、短くて幅が広いというような顔立ちです。

鳴き声はしわがれたイエネコのような声を出すので、

まさに貫禄のある容姿とは当てはまっています!

 

猫といえば!

目の大きさが昼と夜で変化することで有名ですよね?

マヌルネコは虹彩が黄色で、明るいところでも縦に…細くならずに、丸いまま収縮するのです!!

容姿は猫で、生態は猫とは少し違う気がしてきました。

1番驚いたのは、昼間は岩穴などで身を潜めているがキツネなどが作った穴にいること!

ウサギやネズミ、鳥なども食べるそう…。

野生って恐るべし!

 

マネルネコを飼いたい!ペットとして飼う場合は?

そもそもマヌルネコって、飼うことができるのでしょうか?

こんなにレアな猫を飼いたいと思うのは分かりますが、

残念ながらペットとしての飼育は禁止されています。

まずこの時点で、価格も分かりません!

 

もし…飼えるとなったにしろ、とても難しいと思われます。

寒い地域に生息するマヌルネコですから、免疫力が弱くすぐ感染症にかかるそう。

ペットとするならば、気温調整が難しそうです。

触ることすら難しいレアな動物かもしれないですね♪

 

まとめ

 

マヌルネコはどこで見れる?ということで、上野動物園をメインにご紹介しました。

上野動物園だけでなく、合計6施設で見ることが可能でしたね♪

もし上野動物園で見るのであれば、西園小獣館だということを忘れずに♪

貫禄のある少し変わったネコ科のマヌルネコを是非、目の前で見てみてください♪

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました