インフルエンザ予防接種2019いつからいつまで受けるべき?

日々の生活関係

今年もインフルエンザの季節がやってきますね。

インフルエンザの予防接種を受けているからといって、

必ずしもインフルエンザにかからないという事でもないのですが、

重篤化を防ぐことが出来る可能性がありますので、受けるという方も多いのではないでしょうか。

2019年のインフルエンザ予防接種の詳細を紹介したいと思います。

インフルエンザ予防接種2019予約はいつからいつまで?

 

こちらもご参考にどうぞ↓

 

インフルエンザの予防接種は、2019年ではいつからいつまでに予約をしなければいけないのでしょうか。

冬が近づいてくると、不安になってくるのがインフルエンザへの感染ですよね。

とくに高齢者や乳幼児はインフルエンザにかかって重篤化してしまう恐れもありますので、

十分に備えておく必要があるかと思います。

インフルエンザのワクチンを確実に接種するためには、予約をしておく必要があります。

今年はいつ頃に予約をしたらいいのでしょうか?

 

例年、インフルエンザの予防接種は10月の中旬あたりから始まります。

受けたほうがいい時期は、その年のインフルエンザの流行する時期によって

変わってきてしまいますので、見極めるのがとても難しいですよね。

インフルエンザが強く流行してくるのは、1月ごろからだと考えると遅くとも12月までには接種をしておく必要があるのかと思います。

インフルエンザ予防接種2019はいつするのがおすすめ?

 

インフルエンザの予防接種をするうえで、いつ行うのがおすすめなのかを紹介します。

インフルエンザワクチンは、予防接種をしてからすぐに効果がでてくるというものではありません

接種をしてから、体の中にじわじわと抗体が作られてきて、

免疫が出来上がるまでには数週間かかるといわれております。

なので、特定の時期に大切な予定があるから、

備えるためにインフルエンザのワクチンを接種しようと思った場合には、

それを見越して早めに接種をおこなっておかなければ

間に合わないという事になってしまいますので、注意してくださいね。

 

なので、やはりインフルエンザが猛威を振るうのが1月ごろだと仮定した場合には、

1回目を11月ごろに、2回目を12月の中旬ごろまでには予防接種を終了している必要があるかと思います。

大人はインフルエンザの予防接種は1回接種で良いとされていますが、

2回接種すると、更に強い効果があるといわれています。

なので、大人であっても2回接種する方も多いのではないでしょうか。

 

インフルエンザの予防接種2019はいつまでにした方が良い?

 

インフルエンザの予防接種、2019年はいつまでに接種をしたほうがいいのでしょうか?

今年のインフルエンザは、昨年よりも早い流行となっています。

もうすでに、10月の時点でインフルエンザは流行しているのです。

インフルエンザの予防接種を開始した病院も出てきましたので、早めに接種することをオススメします。

 

早くにインフルエンザの予防接種を開始した病院で

10月中に1回目の予防接種を行い、2回目を11月中に行うのがオススメです。

2019年は早めの予防接種が必要?インフルエンザの流行状況は

 

インフルエンザの2019年の流行状況を紹介します。

先ほどお伝えした通り、2019年はインフルエンザの流行がとても早い時期に始まってしまいました。

インフルエンザの予防接種の効果は約5か月だといわれています。

なので、あまりにもはやすぎる接種になってしまうと、

効果が切れてしまうという恐れが出てきてしまいますので、注意が必要です。

 

ですが、インフルエンザの免疫も予防接種を行って

すぐに出てくるというものではありませんので、ある程度は早めに行っておく必要はありますね。

インフルエンザの予防接種は、2回行います。

1回だけでもある程度の効果は見込まれますが、2回接種すると、より効果が出てくるのです。

なので、やむをえない状況で1回しか接種をすることが出来なくても

意味がないという事ではありませんので、心配しないでくださいね。

 

2回接種を行うという方は、1回目と2回目の接種の間隔も1~4週間程度あけなければなりませんので、

インフルエンザのワクチンの効果が出てくるまでの期間と、効果が出ている期間と、

1回目と2回目の接種の間隔を逆算してからワクチンを接種する必要がありますので、気を付けて下さい。

 

今年2019年に関しては、インフルエンザが早くに流行してしまったので

すぐにでも接種を開始する必要があるかと思います。

2019年のインフルエンザワクチン状況

 

2019年の、インフルエンザのワクチンの状況を紹介します。

10月に入ってインフルエンザのワクチンの入荷を発表している病院が増えてきているようです。

例年、インフルエンザワクチンの供給が、需要に見合っていなくて

予約待ちや受ける事のできなかった人がでてきてしまいますよね。

今年はそのようなことにならないように、早めに接種をする必要があるかと思います。

 

自分の予定とインフルエンザの発生状況を踏まえた上での

スケジュール管理をしていかなければなりませんね。

まだインフルエンザの流行は、本格的には始まってはいません。

少しでもインフルエンザのニュースが流れたら

一気に予防接種を受けに行ってしまって混雑してしまうかと思いますので、注意してください。

あまり遅くなってしまうと、一番の流行している時に

病院へと行かなければならなくなってしまいますので、気を付けましょう。

 

2019年のインフルエンザ予防接種の値段

 

2019年でのインフルエンザの予防接種の値段について紹介します。

実は、インフルエンザの予防接種は治療ではなくて予防となってしまいますので、

健康保険は使えません。つまり、全額負担という事ですね。

そして、料金の設定については病院側に選択権がありますので、

場所によって料金が違うという事になっています。

大体の相場としては、4,000円~5,000円ほどというところでしょうか。

 

また、自治体によっては高齢者や乳幼児にインフルエンザワクチンの助成を行っているところもありますし、

健康保険組合のほうでインフルエンザの予防接種を推奨していて

補助をしてくれるというところもあります。

補助が受けられた場合には、自己負担が半分以下となるところが多いようですので、

是非受けてみてくださいね。

大体自分で調べてみないと分からないという事が多いかと思いますので、

一度自分の所属している自治体と健康保険組合を調べてみてはどうでしょうか。

 

インフルエンザ予防接種2019いつからいつまで受けるべき?:まとめ

 

インフルエンザにかかってしまうと、とてもしんどいですよね。

もう動くこともままならないような状態になりますし、自分が感染源となってしまうのも防ぎたいので、

インフルエンザの予防接種は、ぜひとも受けてみたほうがいいかと思います。

インフルエンザの予防接種を受けたらかからないというわけではなく

重篤化を防ぐという目的ですが、受けたほうが安心ですね!

インフルエンザ予防接種2019東京ではいつ受けるべき?早めがいい?

こちらも、ご参考にどうぞです↑

 

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました