ヨーグルパンとは?販売店・購入場所&通販について!手作りもできる?

お店

(上の画像は、イメージです)

ヨーグルパンをご存知ですか。

パンの発酵にヨーグルトを使用しているもので、ご自宅で手作りされる方もいらっしゃると思います。

今回は、ヨーグルパンが話題のお店をご紹介します。

お近くのパン屋さんでも売っているかもしれませんが、話題沸騰のお店ですので最後までお付き合いください。

ヨーグルパンとは?人気の秘密は

 

ヨーグルパンはヨーグルトの乳酸菌で発酵させたパンです。

いくつかのお店で製造、販売されています。

人気の秘密は、翌日までしっとりとした食感が続くことです。

乳酸菌が小麦に含まれるたんぱく質を柔らかくし、酢酸の防腐作用で常温保存が可能です。

暑い時期を除くと、常温で2日から3日保存できます。

 

そして、クセがなくアレンジが自由にできる所も人気です。

もちろん、味がおいしいのは大前提です。

また、体に優しく、食べると健康になることも大きな特徴です。

ヨーグルト自体が乳酸菌の宝庫で腸内環境を整える作用があります。

 

この他に、タンパク質や脂質、ビタミンやカルシウムなどのミネラルを消化しやすい形で含んでいます。

つまり、ヨーグルパンを食べるとパンとヨーグルトを一度に食べる効果を期待できます。

ヨーグルトの持つ、高血圧予防効果や胃に優しく消化を助ける働きを体内に取り込むことができます。

 

ヨーグルパンはおいしい?口コミは

 

ヨーグルパンはおいしいと、大評判です。

口コミでは「ほんのりと甘い」「モチモチ食感が楽しめる」

「気が付くと1個ペロッと食べてしまっていた」と良い評判ばかりです。

人気の商品は、ドライフルーツやナッツが入ったタイプです。

ビタミンや食物繊維を補え、栄養のバランスも格段に良くなっています。

 

購入場所・販売店舗は

 

ヨーグルパンを販売しているのは、大阪和泉市の「パン工房 フルニエ」です。

店舗情報をお届けします。

 

【パン工房 フルニエ】

  • 住所:大阪府和泉市のぞみ野3丁目11-24
  • 定休日:日曜日・木曜日(月曜日に休むこともあります)
  • 営業時間:朝6:00から売り切れまで(昼過ぎ)
  • 電話:0725-55-2220(接客中は電話に出られないこともあります)
  • シェフ:坂田隆敏

 

ヨーグルパンの販売店舗の混雑状況・待ち時間

 

販売店舗の営業日の朝、開店前から長蛇の列です。

皆さんお目当てのパンを、次々に購入していきます。

のんびり選んでいると、ビックリのスピードです。

このノリと勢いで、毎回昼過ぎには完売で閉店します。

ですから、営業時間内は忙しくて電話に出られないってわかりますよね。


 

ヨーグルパンの販売店に通販はある?

 

残念ながら、通販はありません。

フルニエのヨーグルパンに使用するヨーグルトは自家製です。

ヨーグルトを使用していない酵母発酵のパンも、自家培養の酵母を使用しています。

そして、小麦も自家製粉の全粒粉で作られています。

現代人に不足しがちな食物繊維と乳酸菌を補い、しっかりと噛んで食べるようにもっちりとした仕上がりです。

 

それから、フルニエでは食育にも力を入れています。

アレルギーや健康のトラブルなど、食事にかかわることが

原因の困りごとを少しでも減らしたいと取り組んでいます。

そこで、通販はしていませんが、ヨーグルパンのレシピを公開していますので、ご紹介しましょう。

 

ヨーグルパンは家庭でも作れる?作り方・レシピ

 

フルニエの坂田隆敏シェフが紹介するのは、家庭で作れる「ヨーグルパンお手軽レシピ」です。

パン作りの初心者でも作りやすいように、

予備発酵の要らないインスタントドライイーストを使用しています。

それでは材料からご紹介します。

 

分量は作りやすい量1回分(8個から10個くらい)です。

パンの大きさや数は自分で決めて、同じ大きさになるようにしてください。

はちみつを使用していますので、1歳未満のお子さんがいるご家庭では砂糖に変更してください。

 

ヨーグルパン:材料

A)ボウルに混ぜ合わせておく

  • 塩                                                      4g
  • インスタントドライイースト              3g
  • はちみつ                                            8g
  • 水                                                      80g

B)ふるいにかけておく

  • ライ麦粉                                            50g
  • 強力粉                                               150g
  • ヨーグルト(プレーン無糖)     80g

C)

  • レーズン                                            100g
  • クルミ(刻んでおく)                             30g

 

オーブンは250℃に耐熱鍋を入れ予熱しておく。

 

ヨーグルパン:作り方

  1. ボウルに混ぜ合わせたAにヨーグルトを入れて、よく混ぜる。
  2. 1にふるっておいたBを入れ、粉っぽさがなくなるまでよく混ぜる。
  3. 2を50g取り分け、手のひらで押し広げて3つ折りにする作業を2回行い、40分置く。残っている150gにCのレーズンとクルミを入れて混ぜ、20分置く。
  4. 置いておいた生地の150gの方を好みの同じ大きさに切り分けて、円錐形に整える。50gの方も同じ数に切り分けて、麵棒で伸ばす。レーズンなどが入った円錐形にした生地を麺棒で伸ばした生地で包む。
  5. 4の表面にライ麦粉(分量外)をふり、切り目を入れる。
  6. オーブンに入れて温めておいた耐熱鍋に入れてふたをして20分焼き、ふたを開けて10分焼くと完成。

 

パン作りでよくある、1次発酵や2次発酵、ガス抜きの作業もなく初心者でも簡単に作れます。

麵棒が無ければ、厚さが均一になるように手で伸ばしてもかまいません。

オーブンに入れる耐熱鍋は、ダッチオーブンのようなふた付きのままオーブンで焼けるものを選んでください。

 

もし、手に入らない場合は、食パン用のスクエア型のようなふたをして焼ける型をオススメします。

手作りパンは焼きたても美味しいのですが、少し冷めて生地がしっとりと馴染んでからも美味しく食べられます。

パン作りの楽しみも体感できるお手軽パンです。

 

もう一つのヨーグルパン

 

今回ご紹介したヨーグルパンの他にも、有名なヨーグルパンのお店があります。

神奈川県川崎市新百合ヶ丘の「nichinichi(ニチニチ)」です。

ここのヨーグルパンの特徴は、販売が不定期だということです。

とても人気の商品で、発売と共に完売です。

 

しかも不定期の販売なので、「幻のヨーグルパン」です。

ですから、商品の一覧にも掲載されていません。

パン祭りに限定で出店した際のヨーグルパンは、食パンにプレーンヨーグルトを練り込んだものです。

国産小麦粉100%で小麦の香りを生かしつつ、しっかりとモチモチ、だけど重すぎない仕上がりです。

 

トーストすると小麦の香りが引き立ち、サクサク感も生まれます。

ミルクのほのかな甘みとヨーグルトの酸味も感じられます。

お店の情報です。

 

nichinichi(ニチニチ)

  • 住所:神奈川県川崎市麻生区万福寺4-8-4ぺルナ1階
  • 定休日:不定休
  • 営業時間:9:00から19:00 (パンが無くなり次第終了)
  • 電話:044-819-6631
  • シェフ:川島善行

 

ヨーグルパンとは?販売店舗・購入場所は

 

今回は、ヨーグルパンをご紹介しました。

パンを発酵させる酵母は様々なものがありますが、

ヨーグルトを使用したヨーグルパンは乳酸菌を含んでしっとりとした保存性のあるライ麦を含んだパンです。

オーブンがあれば、ご家庭でも簡単に手作りできますので、挑戦してみてください。

そして、ぜひご紹介したパン屋さんにもお出かけください。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました